爪が痛い!靴がはけない理由は?

もともと爪の形がそんなにきれいではなかったのですが、就職するようになるとパンプスを履くためにもっと形が悪くなりました。
先の細いパンプスで、満員電車に20分たっていてその上会社までまた15分くらい歩いているのが原因だったと思います。
ピアノを習っていたために、指の爪をいつも深爪気味に切っていたのですが、そのまま足も同じに切っていました。

パンプスで足を閉め付けられたり十分にケアしない、それなのに深爪をしていたので少しづつ爪が食い込むようになってしまいました。
そうなり始めたときにすぐに対処したりすればよかったなぁと思います。
しかし、そのままにしてきれいな靴を履きたいというほうを優先したり、仕事から帰ると疲れてしまって手入れをしないでいました。
手ほど目立たないのでつま先のでるパンプスをはく時期しかしっかりとケアしようとしなかったせいでしょう。
気づけばすぐにストッキングが引っ掛かってやぶれてしまったりしていました。

最初は足の爪のささくれが原因でストッキングが破れてしまっていると思っていたのですが、爪を引っ掛けているかわからなかったです。
爪を巻き込んでいるとは最初思っていませんでした。

巻き詰めというよりも、いつも爪のはじが指に食い込むように生えているなぁと思っているくらいです。
むくみやら冷え性やらで爪が悪いのではなく、足の指がむくんでいるんだから爪は正しい形だけどなんとなくそうなっていると思っていました。
けれど、靴もいつものとおり細い靴を履いているうちに歩くと親指がすごく痛くなるようになってしまいます。
おかしいなと思いながら、よくみてみれば爪自体が指の肉にそっているというよりも半月状になっていました。
びっくりしましたが、これが深爪?という感じであまり実感がなかったのでしょう。
結局、マッサージオイルで爪をマッサージしたりしていれば治るだろうとたかをくくっていました。
長時間歩くときは、上からしめつけるようにぎゅっとばんそうこうを張ることで押さえつけてしのいでいました。
爪がやわらかいほうが治るとネットでみて、マッサージとかをオイルなどでして自分で治す方法を模索中です。