SBSH0012

未分類

化膿した「巻き爪」は結果として一度爪を取る事に・・・

私は小さい頃から爪を短く切る事が当たり前だと思っていました。ですので白い部分がギリギリ残る程度が切り終わった時の爪の長さでした。少しでも伸びてくると顔を触る際に気になったり、かゆい部分を掻く時も、やたら傷つくので長い時はほぼありません。

そんな私が30代になってから足の親指に痛みが出てきました。ひどい時はサイドの肉が爪に食い込んで膿を持ってしまう事もありました。
耐えかねて皮膚科に受診すると医師が「短く切りすぎで負担をかけている。スクエア(四角)状態に爪を切るように」と指示されました。
それからは指示通りの切り方をしていましたが、角が尖り仕事上、ストッキングを履くと伝線してしまう事が増えたり爪が割れだしたりと四角く維持するのが思ったより難しく
膿むことは無くなっても大変でした。そして靴を履くにも爪が引っかかり履ける靴が限られました。
悩んだ果てに再度、皮膚科を受診。相談しましたが今度の提案は「爪を一度取る」事でした。
麻酔をかけて爪をめくり一旦、取ると新しい爪が生えてきて巻き爪は高い確率で改善するそうです。
さすがに爪を取る事は抵抗があり迷いましたが、現状を考えるとしてみる価値があるのではと思い意を決して片方の足の親指だけ行いました。
以外に出血はせず麻酔が効いていたので痛みもありませんでした。ただ3時間を過ぎたあたりからジンジンとうずきだしましたが我慢できないほどではなく正座で足がしびれた程度でした。

ただ一番の問題が「お風呂」。当分の間は湯船に付ける事ができないため足を上げた体勢で入っていました。また濡れた後は消毒していればいいのだと医師から は言われましたが何かあったらと思い心配性の私はビニール袋を爪を取った足につけガムテープで水分が入らないようにぐるぐる巻きにして入っていました。
2か月を過ぎた頃から根元に軟らかい爪が生えてきました。その頃にはめくった部分は表面が少し硬くなっていたので何もつけずに靴下などを履いていました。
全て伸びきるのに半年かかりましたが(生えてきている爪は軟らかいのでポロポロ取れながら強い爪が生えてきました)見事、巻き爪は多少ありはしますがほぼきれいになりました。ただもう片方が巻き爪のまま・・
時期を見てもう片方もしようと思っています。

-未分類